ウーマン
  1. ホーム
  2. 手術で叶える憧れの目元

手術で叶える憧れの目元

医者

特徴や手術をするメリット

美容整形手術を受ければ、メイクをしなくても気になる奥二重や細い一重を理想的な二重まぶたにできます。二重の美容整形でメスを使用しないのが「埋没法」です。埋没法は髪の毛よりも細い糸を埋め込むだけで、一重のまぶたにくっきりした「ひだ」を作ることができる整形手術です。糸を入れるのはまぶたの裏側からなので、表面的には傷あとが残ることはないです。埋没法の手術費用はとても安く、片目だけであれば1万円〜4万円ほどです。両目合わせても10万円以内でぱっちり二重まぶたになります。プチ整形なので元に戻るリスクもあります。しかし埋没法でも取れにくい手術でしてもらえば一生効果が続きます。埋没法よりもぱっちり効果が高く、半永久的に持続するのが「切開法」です。メスを入れてひだを作る本格的な美容整形手術なので、元に戻ることはなく、一生自然で華やかな二重まぶたのまま生活できます。切開法の手術費用は片目で15万円前後、左右合わせて30万円前後です。ただ、同じような埋没法や切開法の手術でも、内容はクリニックごとに微妙に違うことがあります。また、同じように手術にかかる費用もクリニックによってだいぶ違います。特に切開法の場合、失敗は許されないので、入念にリサーチしてクリニックを選ぶことが大切です。生まれつき一重まぶたで悩んでいる日本人はとても多いです。特に女性の場合、目元の悩みは深刻です。腫れぼったく厚い一重まぶただと、アイシャドウやアイラインなどのアイメイクがうまくできないからです。そうした女性たちのために売られているのが、手軽に二重まぶたが作れるアイデアグッズです。テープを貼ってひだを作るアイテープやボンドやノリなどは、ドラッグストアや100均ショップでも女性に人気の高いグッズです。たしかに誰でも使えるほど簡単で、なおかつ費用もリーズナブルに二重まぶたになれます。しかし、そうしたグッズで得られるのは、あくまでも一時的な効果です。洗顔をしたりお風呂に入ったりすると取れるし、汗をかくと取れる事もあります。美容整形手術なら、「いつ一重に戻るかわからない」という不安から解消されます。埋没法でも手術の仕方によっては元に戻すことはめったにないです。切開法ならなおさらで、一生くっきりとした二重まぶたを維持できます。毎日メイクをするたびにアイテープを貼っていると、まぶたが荒れたりたるんだりするリスクがあります。しかし、整形手術をして二重を作ってしまえばそうしたリスクともおさらばです。費用は二重のアイデアグッズを使うよりもかかりますが、一生のコストを考えればずっと安上がりです。